トピックス

トップ > トピックス > JAむかわ蔬菜園芸振興会第38回通常総会開く

JAむかわ蔬菜園芸振興会第38回通常総会開く

2016.2.26
挨拶する今村常務
挨拶する今村常務
挨拶する前田博会長
挨拶する前田博会長

平成28年2月23日、鵡川蔬菜園芸振興会(前田博会長・会員160名)は、第38回通常総会を開き、会員38名と来賓16名が出席した。前田会長は「蔬菜園芸振興会は毎年右肩上がりで販売高を伸ばし、平成27年度は24億7千万円となり、計画対比で120%を超えた。生産者や各市場、各関係機関の努力で目標を達成することが出来た。産地として力をつけ、今年度も昨年以上の成果を残したい」と決意と感謝をこめ、挨拶した。市場を代表し、札幌ホクレン青果(株)菊地一弘専務取締役は「全道的に販売額を伸ばしているが、3億円の伸長は大きい。産地からも「現況」、「作況」、「状況」を発信してもらい、有利販売に努めたい。30億円を目指して下さい」と激励の挨拶をした。
 総会は山本忠彦議長の進行で平成27年度活動報告、収支決算報告後、平成28年度活動方針としてTPPの動向を見極め、より生産性と高品質、安全性を高めるために、関係機関や市場関係者との連携を強固にし、生産販売体制の強化、土壌改良など作物別にあう資材の積極的な試験、鵡川産野菜の情報発信などを決定した。また、部会設置規定を新設し、ブロッコリー部会が今年度より加入する。

リンク集 ご利用にあたって 個人情報保護方針