トピックス

トップ > トピックス > JAむかわ 第94回通常総会

JAむかわ 第94回通常総会

2020.04.22
挨拶する長門宏市組合長

 第94回通常総会を新型コロナウイルス感染防止のため、農林水産省や中央会が推奨する書面議決にて、4月10日むかわ温泉四季の館ホールで開いた。

 開会で長門宏市組合長は「コロナウイルスの関係で通常総会初の書面議決総会となった。地区別懇談会で令和元年の結果について説明させていただいたが、昨年度も蔬菜が異常気象のため農畜産物販売高は46億5千万円となり目標を若干下回った。一昨年の震災で使用できなくなった穀類乾燥施設の再建に多くの支援を頂き、ようやく3月に完成しました。施設利用で所得向上をはかってください。JAの収支決算は当期未処分剰余金が1億7千万円となり、出資配当や事業分量配当、施設整備積立金などにあてたい。コロナウイルスの終息を願い、中長期3カ年計画に沿って困難を乗り越え、今年度も組合員の皆さんと共に事業に邁進していきたい」と挨拶した。

 総会の議長を永田寿明副組合長が務めた。総会は本人出席12名、書面議決221名の合わせて233名で成立。全議案を原案通り可決決定した。

 議長を努めた永田副組合長は「出席された組合員はもとより書面にてご承認を頂いたみなさんと共に計画に基づき、JA運営に全力を傾注したい。自然災害やコロナウイルスなど度重なる困難がつづいていますが、健康や農作業事故に充分気を付け、乗り越えていきましょう」と挨拶した。

リンク集 ご利用にあたって 個人情報保護方針