JAの概要

トップ > JAの概要

名称

鵡川農業協同組合(むかわのうぎょうきょうどうくみあい) (愛称:JAむかわ)

JAの成り立ち

大正12年、仁立内(にたちない)(現在の二宮)に44名の組合員による「有限責任仁立内信用販売購買組合」が設立され、本組合の先駆となり、昭和6年2月全村一円とする「有限責任鵡川信用販売購買利用組合」が誕生した。

昭和19年2月鵡川農業会に改組され、戦後昭和23年4月20日、鵡川村農業協同組合が誕生。昭和27年8月旭岡農協解散により本組合に加入し、以来地域農協として今日に至っている。

位置と自然

鵡川

むかわ町鵡川地区は、北海道の道央圏に位置し、南は太平洋に面しています。冬も比較的に温暖で、降雨量及び降雪量とも少ないほうです。地域を横断する一級河川「鵡川」に沿って、水田を主体とする農用地が開けています。

地域

たんぽぽ公園

むかわ町は、平成18年3月に「鵡川町」と「穂別町」が合併し『むかわ町』として誕生しました。平成29年1月31日現在の人口は、8,549人(男性:4,199人、女性:4,350人。
鵡川地区の人口は、5,806人。
このサイトでは、旧鵡川町を「鵡川地区」として紹介します。

本所所在地

住所

〒054-0023  北海道勇払郡むかわ町末広2丁目124番地

TEL

0145-42-2611

FAX

0145-42-3754

E-Meil

jamukawa@sage.ocn.ne.jp

アクセス

苫小牧市内から

札幌市内から

千歳空港から

JR苫小牧駅から

基本理念

経営理念

地域農業の振興と組合員の生活を守るJAを目指しています。

経営方針

国内農業の「食の安心・安全」に対する消費者の関心は年々高まり、JA事業の根幹は生産・販売事業であることを認識し、ポジティブリスト制度(残留農薬)及びトレーサビリティ(生産履歴)の徹底により「食の安心・安全」をJA一丸となって取り組んでいます。

組合員・役職員一人一人が問題点を理解し、消費者、地元町民に確信を持って訴えるために普段からの「食農教育」に努めて参ります。

農業振興を通じて「食」と「農」と「緑」を守り、かけがえのない自然を次世代に引き継ぐために鋭意努力しています。むかわの農業も農業者の高齢化が進み、新規就農者・農業体験者の受入・交流などを積極的に進め、心触れあう地域づくりに取り組んでいます。

事業運営に必要不可欠な人材確保においては、年次計画に基づき適正人員の確保に努めて参ります。又、不祥事防止の観点から内部監査の重点実施とコンプライアンス研修等により、不祥事の未然防止に努めます。

職員の倫理観と責任感を高められるよう日常の職員教育に努めて参ります。

組織の機構図

代表者

代表理事組合長 長門 宏市

代表理事組合長   長門 宏市


役員氏名

役職名 氏名
代表理事組合長 長門 宏市
副組合長理事 小野寺 武吉
常務理事 今村 隆
理事 永田 寿明
理事 伊藤 正人
理事 源津  力
理事 内海 久俊
理事 野脇 えり子
理事 遠藤 一三
理事(信用担当) 今村 松美
代表監事 北村  修
監事 松浦 富夫
員外監事 北田 正雄
(平成28年4月12日現在)

各部事務所所在地

支所・事業所名 郵便番号 住所 電話番号 FAX番号
営農部 販売課 054-0051 むかわ町文京
2丁目2番地1
0145-42-3311 0145-42-2655
営農部 農業振興課 054-0051 むかわ町文京
2丁目2番地1
0145-42-2842 0145-42-4235
資材・農機センター 054-0051 むかわ町文京
1丁目10番地
0145-42-2511 0145-42-2629
給油所 054-0051 むかわ町文京
2丁目2番地
0145-42-2275 0145-42-2707

組合員数

正組合員数 337人(うち 個人312人、法人25人)
准組合員数 983人(うち 個人927人、団体56人)
組合員数計 1,320人
(平成29年1月末現在)

役職員数

役員 13名
職員 79名(うち嘱託・臨時16名)
(平成29年1月末現在)

内部統制体制

当JAでは、内部監査部門を被監査部門から独立して設置し、経営全般にわたる管理及び各部門の業務の遂行状況を、内部管理体制の適切性と有効性の観点から検証・評価し、改善事項などを通じて業務運営の適切性の維持・改善に努めています。

又、法令等の遵守は最低限の義務と考え、コンプライアンスを経営の重要課題として捉え、不祥事を未然に防止し、組織の信頼性向上に取り組みます。コンプライアンスマニュアルに基づき、研修会を開催し全役職員に徹底しております。

事業内容

JAバンク(信用事業)、JA共済(共済事業)、営農指導事業、経済事業、販売事業。
 詳しい事業内容はこちら

主な事業量

出資金 7億7,103万円
貯 金 202億3,418万円
貸出金 26億5,516万円
長期共済保有高 345億2,297万円
販売品販売高 46億2,601万円
購買品供給高 18億8,257万円
(平成29年1月末現在)

町の紹介

町の木:「イチイ」(別名:おんこ)

日本名で「イチイ」というのは「一位」の音読みで、その昔この木を使って笏(しゃく=中世の日本で正装のときに右手に持つ板)を作ったことから、貴族などの身分を表す「正一位」や「従一位」にちなんでこの名前をつけたと言われています。

町の花:「つつじ」

つつじは、山野に広く分布し日本の代表的な春の花木です。北海道内で、つつじを市町村の花に指定しているのはむかわ町を含めて22カ所あります。

町の魚:「柳葉魚」

シシャモ

アイヌ語のスス(柳)とハム(葉)でススハム (柳の葉)から名付けられており、シシャモを柳葉魚と書くのは、アイヌ語をそっくり借用した近代の和製の漢字です。

世界中でも北海道南部の太平洋沿岸の一部でしか獲れません。回遊魚で、10月下旬~11月中旬の産卵期に鵡川に遡上します。この産卵時期の柳葉魚が最も美味しいのです。

現在、全国で市販されている「子持ちししゃも」の90%は輸入品のカラフトシシャモ(カペリン)です。カラフトシシャモは、価格が安く外観や食感が柳葉魚に似ていますが、本物の柳葉魚の風味にはとうていかないません。カラフトシシャモの「うろこ」は とても小さくほとんど無いように見えますが、柳葉魚の「うろこ」は大きくはっきりしているので見分けることが出来ます。

ししゃも

生活環境

病院・学校

買い物

交通

金融

ホテル・温泉

まつり関係

  • 鵡川商工まつり(8月中旬)
  • 鵡川地蔵まつり(8月23日から24日)
  • 鵡川ししゃもファーミリー駅伝(10月中旬)
  • ししゃもあれとぴあ in むかわ(11月上旬)

問い合わせ先

リンク集 ご利用にあたって 個人情報保護方針